Origins研究会

このWikiは、Sierra Madre Games社が2007年12月に発売した、人類の進化を題材にしたボードゲーム「オリジンズ(Origins: How We Became Human)」に惚れ込んだ筆者が、その魅力を1人でも多くの方に紹介するために作成しました。 以後、それが縁でデザイナーのPhil Eklund氏の作品を輸入して和文をつけて頒布することを行っています。

通販などのご用向きの際は、kondo.hirotsugu(あっとまーく)gmail.comまでご連絡をお願いします。

Bios:Originsの日本語訳マニュアルの暫定版の最新修正版を作りました。
暫定3版に比して、以下の部分に手が入っております(65頁あります)。

・基本ルールだけでなく拡張ルールについて訳しました(お待たせしました!)
・C6章(Bios:Earthキャンペーン)の訳を追加しました。
・用語集の一部についての訳を追加しました。
・一部用語の訳を修正し、誤記の類を修正しました。

自分の通販やKickstarterなどで現物を入手したのでとりあえず遊んでみたい方に向け、取り急ぎアップロードします。次のURLからどなたでもダウンロード可能です。ぜひご利用ください。

http://origins.sakura.ne.jp/files/BiosOriginsBeta4.pdf

この暫定4版では訳している途中の「用語集」を全部訳して、一通りのチェックを終えた版を作成して、ひとまず和訳は一段落といたします。

重要:その暫定を外したバージョンを、すでに購入された方に対して郵送します。もう少しだけお待ちください。

だそうなのです。
ご本人のfacebookによれば。

https://www.facebook.com/phil.eklund

もっともそのエントリに書いてあるように「税金が2倍になって家も車も家具の大半も手放した」みたいな事情らしいので、まったくめでたくもない話なのですが。

才のあるゲームデザイナーには十分な見返りがあって欲しいなと思う、今日この頃。
自分にできるのはバンバン買い付けてバンバン売ることだけですので、ひとつ皆さまも是非Eklund先生のゲームを! いまならBios:OriginsとPax Transhumanityがお勧めです(ダイマ)。

Bios:Originsのカードには、残念ながら割と多数のエラッタが出ていることが判明しました。
※これについては前の記事を参照。

そしてBGGの有志で、このエラッタを修正したカード画像をupしている方がいらっしゃいます。
https://boardgamegeek.com/thread/2325902/article/33529287

この場合、これをカラーでプリントしたうえで、カードと一緒にスリーブに入れて運用することで、違和感なく修正版をプレイすることが可能になるでしょう。

そもそもこんなエラッタがなくても、カードは頻繁に使用するうちに手垢で汚れていくものですから、あるいはカードはスリーブに入れてプレイしたほうが良いかもしれません。

では結局のところ、このカードのサイズはいくつで、これに合うちょうど良いサイズのスリーブは普通に市販されているのでしょうか?(本題です)

---

まず基礎情報として、Bios:Originsの205枚のカードは、56x87mmであることが判明しました。
かなり遊戯王のカード(59mm * 86mm)に近いサイズです(笑)。
https://boardgamegeek.com/thread/2348005/best-card-sleeve-size-game

では、このサイズのカードに合うサイズのスリーブは、どんなものがあるでしょうか。

ここからは「自分が見つけて試してみた」というだけの情報であり、これが全部だと言うつもりもなく、もっといいものがあるかもしれず、あるいは特定のメーカーの製品を宣伝とかそういった意図ではありませんので、念のため。



(1)ホビーベース HOBBY BASE SL103 ボードゲームサイズ・ハード
https://www.yodobashi.com/product/100000001002162112/

数字を見る限り「まったくの同一サイズ」で、これは良さそう。
※自分は明日届いたら実際に試します。
お値段は50枚で314円。従って、205枚のカードのために5個買うと、1570円になります。



(2)ホビーベース HOBBY BASE SL12ミニサイズ ソフトぴったり
https://www.yodobashi.com/product/100000001000919668/

数字を見る限り、87mm×60mmということは、少しだけ短片が余分になります。実際はどうでしょうか。
注文して即日で到着したので、さっそく試してみました。

EQ5u1bAUcAA5xwD

…いいんじゃないでしょうか(個人の感想です)。
長辺はぴったりでむしろあと1mmくらいあってもという感じで、短辺も余り過ぎてゆるゆるという感じでもありません。
自分はソフトスリーブのほうが好みでもあり、何よりとても安いです。100枚168円なので、205枚のカードのために3個買っても504円で済みます。

とりあえず、ゲームマーケット(春)の試遊台で遊ぶためのカードは、このスリーブに入れることにしました。

このページのトップヘ